取扱ブランド紹介 ~JAPONISM(ジャポニスム)編~

JAPONISM(ジャポニスム)とは、1984年にメガネフレームのデザイン企画会社として、ファッションメーカーやメガネ関連事業の経験を基に、創立したボストンクラブが、世界に誇る日本の美と世界水準の生産技術を取り入れたメガネを世界中にアピールするために、96年IOFTで発表したブランドです。

JAPONISM(ジャポニスム)は、「日本的モダン」をコンセプトとしており、一つ一つのモデルを笠島博信氏を筆頭としたデザイナー陣が手がけ、日本が世界に誇るメガネの産地福井県鯖江市にて作られています。日本最高の技巧を凝らした高い品質の高さ、シンプル、デザイン性に機能性と実用性が付加されているブランドです。

JAPONISM(ジャポニスム)は日本人の顔の形状を研究し尽くし、オリジナル製作のノーズパッドや、テンプルに弾力性をもたらすβチタン製の板バネなど、細やかな機構を施すことで日本人の顔に馴染むしなやかなかけ心地とデザインを実現しています。
さらにエッセンスとして遊び心が加えられており、「機能が自然な形状に内包されたフレーム」になっています。

JAPONISM(ジャポニスム)は、ビジネスシーン、カジュアルシーンなど、どのようなシーンでも利用ができ、男性に人気なブランドになっています。同ブランドの誕生から10年以上経ていますが、現在もJAPONISM(ジャポニスム)は、独自のデザインと機能性によって進化を続けています。

JAPONISM(ジャポニスム)のメガネフレームの技術は大量生産が困難な難しいものとなっており、職人により一つ一つ丁寧に作られています。

中でも有名なのが特殊なプレス方法で、企業秘密となっているのが「油圧プレス」という技術。この技術を、プラスチックのメガネフレームに用いることができるのは、日本でたった一つの工場だけとなっているようです。

門外不出のこの技術によりエッジィなフォルムやボリューム感のある丸み、成型品では不可能な色柄、見る角度によって表情を変える造形など、さまざまな意匠を表現することが可能となっています。

今後もJAPONISM(ジャポニスム)の最新情報をブログやSNSにてお届けしていきます。

 

ボストンクラブホームページ http://www.bostonclub.co.jp/index.php

今村眼鏡店フェイスブック https://www.facebook.com/imamuragankyouten/

今村眼鏡店インスタグラム https://www.instagram.com/imamura_gankyouten/